モンサンミッシェル 旅行記

    モンサンミッシェル : PLEASE CHECK ARTICLE IN ENGLISH FOR SUMMER 2020 UPADTES. TIMETABLE CHANGE BECAUSE OF COVID-19

    モンサンミッシェル 旅行記(One day trip)

     

    モンサンミッシェル …1979年にユネスコ世界遺産登録

    ヨーロッパ最大の潮の干満差が見れます(1日に2度潮が満ちるので、潮の満ち引きの時間は要チェック)キリスト教徒の人たちにとって、歴史的にも宗教的にも、モンサンミッシェルはとても力のある聖地。

    初めまして、フランス、ブルターニュ地方のドル・ド・ブルターニュという町に住んでいるNANAです。

     

    ブルターニュ観光するのに、ベストな場所にあるホテル、カフェ&ホステル(EDD hostel)は、ドル・ド・ブルターニュの駅の目の前にあります♪

    How to go to Mont Saint-Michel without a car trainstation

     

    ちなみにモンサンミッシェルへの行き方はいくつかありますが、

    オフィシャルのモンサンミッシェル行き駅は、Dol de Bretagneです。

      ・パリ – ドル・ド・ブルターニュ(ドル・ド・ブルターニュからバス)

    今日は、ドル・ド・ブルターニュ駅前から出ているバスでモンサンミッシェルに向かいます!

    モンサンミッシェル行きのバスは、EDDhostelとは反対側にあります。

     

      *ドル・ド・ブルターニュの駅前から、モンサンミッシェルまでバス

      ・09:50(毎朝、土日祝含む)

      ・12:25(土日祝)

      バス内でも支払いできます

    注意:時期によって10分程度の前後があるので、日程が決まったら時間の確認をお勧めします!

    モンサンミッシェル

    A.M.9:30

    始発の09:50まで時間があったので、ホテルから10分ほど歩いて、中心街に到着。

    教会のなかでも地位の高いカテドラルに行ってみました。

    とても大きな教会なので、すぐに分かります!

    30分くらい瞑想し、すぐ近くにあるオフィスツアリズム(インフォメーションセンター)に寄ってみました。

     

     

    A.M.10:40…

    10分前に駅前のバス停に戻って、無事にバスに乗り、

    約25分でモンサンミッシェルの駐車場付近に到着。

    少し先を見ると、無料のシャトルバス(10分間隔)があり、モンサンミッシェルの目の前まで5分程で行けます。

    ですが、今日はバス停から歩いて向かう事にしました。

    30分くらい歩いて到着!歩いて行くと段々近くモンサンミッシェルと、周りの羊たち、そして潮の感じが見れて、バスよりも感動します!

     

     

    A.M.11:50…

    モンサンミッシェル島内に到着!

    お土産をみたり、どんなレストランがあるのか、値段をみたりしながら、ゆっくり頂上に向かいます。

    真ん中くらいまで登ると、左手に小さくて可愛らしい教会があるので入って途中休憩。

     

     

    A.M.12:30…

    お腹が減ってきたのでこの辺りでお昼。持参したサンドイッチを眺めの良さそうなところを見つけて食べました。

     *モンサンミッシェルで何を食べたらいいか困ったら、貝類が好きならムール貝、肉    好きならプレサレ(モンサンミッシェルの潮風を沢山浴びた草を食べて育った羊なので、味がしっかりしていますが、臭みは全くありません)、又はブルターニュ地方で有名なそば粉のガレットがお勧めです。

    安く済ませたい人は島外のレストランがお勧め。

     

     

    P.M.13:15…

    メイン通りを上まで登ると、モンサンミッシェルの聖地(大聖堂)の入り口に着き、

    そこから奥まで進んで行くと、チケット売り場にたどり着きます。

    そこでチケットを買って、日本語のガイド冊子を取ってレッツゴー!

    中もなかなか広く、ここに入らなければ見れない絶景が見れます。

    初めて行った時は感動で言葉もでませんでした!

    1時間半ほどかけてゆっくり修道院内を観光。

     

     

    P.M.13:30…

    大聖堂から降る時は、1人しか歩けないような小道だったり、モンサンミッシェルの外側を歩けたりする抜け道があったりと、いけそうな道は行ってみると面白い発見があったりするので、くねくねと色んな道を通ってみながら下りました。

    お土産やさんでポストカードを買って、党内入り口付近にある郵便局によって、その場で書いて両親に送りました。

    英語もフランス語も出来ない人は、スタンプ、ワン、ジャパン、といえば通じると思います♪

    働いてる人に直接手渡しするのがポイントです!

    モンサンミッシェルの特別消印を押して日本に送ってくれるので!

     

     

    P.M.15:30…

    16:05のバス(注意:時間の確認を)に間に合うように島内を出て、

    (*モンサンミッシェルからドル・ド・ブルターニュへ戻るバスは

    1日1本 16:05のみ)

    帰りは疲れたので無料シャトルバスで駐車場まで。

    (シャトルバスは混み合う事が多いので、早めに出ましょう)

    バス停まで歩いて無事バスに乗り込み、ドル・ド・ブルターニュに戻ってきました。

     

     

    P.M.16:30…

    ホテルに一旦戻って、カフェで休憩。

    現地の情報は現地の人に聞くのが1番!

    オーナーにお勧めのレストランを聞いて、夜はガレットに決定!

     

     

    P.M.17:30…

    また中心街に繰り出し、街中散歩。

    ブルターニュ地方独特な可愛い家たちが並んでいます。

    街のあちこちに、街の歴史が書かれた看板があるので読んでみると(英語)なかなか古い歴史だという事がわかります。

     

     

    P.M.19:00…

    おすすめのガレット屋さんに行って、お勧めのガレット、クレープを食べ、シードル(ブルターニュ地方名産のリンゴのお酒)を飲んで満喫。

     

     

    P.M.20:30…

    ホテルに戻りましたとさ…。

    モンサンミッシェルだけではもったいない!

    ブルターニュ地方の隠れた名所に行ってみよう!

    ブルターニュ地方には、モンサンミッシェルだけでなく、サンマロ、ディナン、など、ここ、ドル・ド・ブルターニュから、簡単に行けるフランス人も憧れる有名な観光地が沢山あります!カフェでスタッフと話しながら、お勧めの場所や、行き方などを聞いちゃいましょう♪

     

     

    Dol de Bretagneから、モンサンミッシェル行きのバスの時間は、時期によって多少変わるので

    きちんと調べてから行きましょう!

    バスのチケットは、片道8€、往復15€で、バス内でも支払い可能ですが

    夏の混み合う時期は事前に予約しておいたほうが安心です!

    Sncf websiteこちらから時間のチェックと予約が出来ます!

     

     

    他にも沢山の情報が載ってますので、覗いてみて下さい♪ ➡    EDDhostel

     

    みなさまのお越しをお待ちしてます!

    タグ

    イン

    戻る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください