Lehon Dinan

ブルターニュの小さな村レオン(Léhon)

モンサンミッシェルに行くのに、ブルターニュに泊まるという旅行者が沢山います!

特にEDDhostelは唯一の旅行者向けホステル、モンサンミッシェル行きの直通バスもあるという事もあって、沢山のバックパッカーや旅行者が泊まりに来ています♪

 

もちろん、夢のモンサンミッシェルを見れてみなさん嬉しそうにホステルに帰ってきます!

しかし、実はモンサンミッシェルよりもサンマロの方が好きだっていう人が半数ほどいるのです!

さらに、モンサンミッシェルとサンマロは、比較的有名ですが、

ディナンを知る人は、ほとんどいません。

そしてディナンに行った人は、ほぼほぼ皆最高だったといって、私たちに話してくれます☺

 

モンサンミッシェルはかなり観光地化されていますし、

サンマロは、観光地でもありますが、ただたんにフランス人、ブルターニュ人に人気の町なので

人は比較的多いです。

そこでディナンに行った人は、ブルターニュの小さな町を見れたと喜んで帰ってきます!

見どころ満載のブルターニュの中でも、満足度が高いのが、ディナンなのです♪

 

ちなみに、ディナンに行く人全員にお勧めする小さな村がLéhonです!

旅行好きなら、大きな街や、観光地だけでなく、小さな村や、現地の人々のリアルな生活が見てみたいですよね(*^^*)

Léhonレオンなら、そんなブルターニュの村をのぞけちゃう隠れスポット!

 

 

レオンでは、時間がとってもゆっくり流れます。

川があり、緑があり、花も村のいたるところに植えられていて

手入れもとってもしっかりしているのでしょう、とっても綺麗な村です!

家も昔ながらの家しかありません!

これぞ、ブルターニュの村!って感じがします♪

 

 

ディナンから離れて自然の中を抜けると…

 

レオンはディナンから約2キロの所に位置していて、徒歩30分くらいで着きます。

レオンに行くまでの道も、車の通らない歩行者用と自転車用の道の2つあって

どちらもランス川沿いを歩き、木々に囲まれ、ちょっとした森の中を歩くので

観光で疲れた人には、最高です!緑が目の保養になります♪

 

行き方としては、まずディナンの町から坂を下ってランス川に向かいます。

そしてランス川に着いてからは、道が2つあって、一つは自転車用の道ですが、もちろん歩行者も歩けます。

こちらの自転車ロードは、ランス川にかかるさほど大きくない石の橋を渡ってから

川沿いを右に進み、また同じくらいのサイズの石橋を見つけたらそれを渡ればレオンです!

 

 

もう一つの道は、歩行者ロードで、こちらは、橋を渡る前に右に曲がり、あとは道沿いに歩くだけ!

迷子になることはないので、安心してください☺

行きと帰りで道を変えてみるのもいいかもしれませんね♪

ただ暗くなるとライトがないので、真っ暗になりますので明るいうちに帰ってくることをお勧めします!!

 

 

 

レオン村の中!

 

レオンの町の中には、小さな教会と、その横にちょっと隠れた感じで上の写真のようなガーデンがあります!

小さめのガーデンなのですが、11世紀からの歴史のある場所で、

昔は修道士の瞑想場所として使われていただけあって、

とっても静かで、休憩するのにピッタリ☺

 

 

レオンには、城跡があり、11世紀に造られたとされた城の跡を見ることが出来ます♪

因みにレオンのツアリストオフィスに行けば、ガイドも頼めますし、何でも知ってますので

ぜひ足を運んでみてくださいね☺

 

 

 

行き方: ディナンの川沿いから約2キロ、川沿いを歩いて約30分で着きます。

ディナンについて詳しく知りたい方はコチラ➡ this link!

 

食事処: ディナンには、沢山のレストランがあるので、食べてからレオンに出かけてもいいですし、”La marmite de l’Abbaye”というレオンの石橋の横にあるレストランもGoodです!

 

便利なサイト:

Touriste office website

Our article on Dinan

Share on : Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this page
タグ, ,

イン

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です